精進料理

 

ていねいな暮らしへの憧れ

東京で働いていた時は、四季どころか1日の時間の流れも分からなくなるくらい慌ただしい毎日を過ごしていて、別に特別なにか世の中を大きく動かすようなことをしていたわけでもないけれど、1分1秒 ...