NEWS 地域おこし

3月のあらたの

投稿日:

 

3月です!!
こないだ今年初の「ほーほけきょ」を聞きました。しかもしっかりとほーほけきょと上手に鳴けていた。梅の花も満開で、いよいよ冬も終わろうとしている感じです。阿南での暮らしでは、3月に入るとぐっと春めいてきます。梅の花に始まり菜の花が咲きだすと田畑がいっせいに明るい色になるので、まだまだ寒い日はあっても春が来た気分。
直売所でも菜の花や、豆類が並び始めます。
阿南の名物というと、この時期はわかめ、しらす、たけのこです。
2年前に、この時期に阿南に一旦帰って来ていた時、ちょうとしらす漁が解禁になったころでしらすを獲るのをはじめて見て感動したのを覚えています。

 

2月は

平等寺のサンデーサービスでお餅つきや豆まきがあったり

新野小学校4年生の児童によるあらたのマルシェがあったり(新野西小学校/休校中)しました。

おいしかったもの

サンデーサービスのときにもらった焼きおにぎり

碧さん(加茂谷の囲炉裏のあるお宿)でいただいた干し柿!
こここここれは、わたし、いままでで食べた干し柿でいっちばん美味しかった!!
そんなに干し柿の世界を知らないのですが、こんなにものによって違うんだなーーと私の中で干し柿の新しい扉が開いちゃいました。めっちゃくちゃ大きい実で、割ると熟成されたとろんとろんの実がでてきます。ジューシーなんだけど瑞みずしいという感じとは違って、あれはなんと説明したらいいのか・・・。ほんとうにおいしかった。
写真のものは大きいしめっちゃおいしかったけど、これでもB級品なんだとか。ちょっと傷があったりするだけで出荷できなくなるんだって。実を採る時、カゴに入れておく時、運ぶ時、皮を剥く時、焼酎につけるとき、干す時、、、そのつど、扱いには細心をはらって丁寧に作られたものがこの干し柿。農作物なので当然だけどその年の柿の実の成りようで、作れる量が決まってきます。「毎年買ってくれる人はたくさんいるけど、できた量が少ないときはそれぞれに少なめに買ってもらっている。」
この話がとても印象的だった。毎年買いたいだけ買うんじゃなくて(本当はいっぱい買いたいのかもしれないし、農家さんの方も売れるだけ売りたいだろうけど)、みんなで実りを喜んでいるかんじがしてとても素敵だなーと感じました。

3月

10日(日) 11:00〜 サンデーサービス@平等寺

15日(金) 10:00〜 子育てサークルミュージックケア@新野公民館

29日(金) 10:00〜 子育てサークルお別れ会@新野公民館

だんだんと暖かさが増して、お遍路さんの姿もよく見るようになってきました。
いろんな人にお会いできるのがこの時期ならではの楽しみです!

 

 

 

-NEWS, 地域おこし
-, , , , , ,

Copyright© しわしわニョッキ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.