地域おこし 精進料理

:::精進料理の会:::柚子の会@平等寺

投稿日:

精進料理 柚子の会

農家さんからたくさんのお野菜を用意してもらったので
2人でめっちゃテンション上がりながらメニューを考えました。

 

さんぱらぎゃた

まずは平等寺の副住職から食事作法(じきじさほう)についてお話していただきます。

 

この時の私たちの役割は「さんぱらぎゃた」と最初に唱えること。
食事を作った人が食中毒を防ぐために唱える真言です。

そのあとに、重要な仏様のお名前や、般若心経を唱え、
欲のために食べるわけではなく、修行を成し遂げるために食べるのであることとか、
自分の体には無数の生命が宿っていて、それらを養うために食べるのであるとか、
自分の普段の行いを振り返ったり、目の前にある食事はどのようにしてここにあるのか、
どんな人が育てた野菜なのか、どんな人が調理したかを考えたり、などなど、
食事を目の前にして、1度食べることと自分の心を向き合わせ、姿勢を正して
「いただきます」と声に出します。
ついついいつも、食事を目の前にすると「おいしそう!食べたい!!!」と興奮してしまいますが、
こういう時間があると、いったんその興奮を落ち着かせて、
感謝する気持ちや味わうことの大切さを意識させられます。
修行中のお坊さんのようになかなか毎食できることではありませんが、
普段から心がけていたい。

 

お寺で食事をいただく

参加してくれた方に喜んでもらえることの1つにお寺で食事ができるということ
(しかも住職さんにお話も聞かせてもらえる)があります。
四国は、四国巡礼という文化があり、お遍路さんが巡る88カ所霊場のお寺があって
四国の人もたくさんお遍路しているし、お寺の近所の方はよくお接待をしているので、
比較的お寺も身近な存在である印象がありますが、
それでも、なかなかゆっくりお寺で過ごす機会ってあまりないよう。
精進料理を提供しているお寺でも、食事をするための場所であることが多いですが、
こちらではお堂(持仏堂)を使えわせてもらっていて、
軸や屏風もあり、観音様の目の前で食事します。

そして今回の精進料理

上段左上から右へ
春菊と茹でピーナッツの白和え
カブとニンジンとりんごの酢和え
さつまいもと小松菜の塩蒸し
白菜のくたくた煮

中央左から右へ
切り干し大根と小松菜の煮物
大根の蒸し焼き 豆乳柚子ソース
巻き白菜と油揚げのあんかけ

下段左から右へ
ご飯冬野菜のどろ味噌仕立て
かぶのすり流し

12月とは思えないくらいの暑さになった日もありますが、
やっぱり冬が訪れていて
根菜を炊き込んだものが体に染みます。

 

野菜のおかげ

精進料理では「美しいのもおいしいのもすべて野菜のおかげ」とよく言われます。
派手に見せたり、必要以上に飾りつけたりしようとせず、
味だけではなく見た目にも野菜そのままの良さを出すことを心がけるのが精進料理です。
とはいえ、これはハレとケでいうとハレの食事。
どうしても見た目よくしたいという欲が出ます。
やりすぎてはいけないと思いつつ、美しく美味しそうに見せたくなります。
特に最近は、普段からSNSで素敵な食事の写真はたーーーーーーくさんあって、
おしゃれでおいしそうなものがいっぱいです。
もうおしゃれで美しくないと、美味しいものとは言えないというくらい。
外食してもおいしくて美しいのが当たり前。
おうちのご飯でも見た目がいいことが当たり前。
見た目がよくておいしそうなものが作れるような商品もいっぱい。
私も普段からそう意識しています。

ただ、精進料理を作っていて、野菜のありのままの姿をみたり、そのままのおいしさを知った時に、
ちゃんと野菜を見て調理できているかな、、、とハッとします。
これは精進料理って堅苦しい!いちいち野菜のことよく見ないといけない!というより
そんなに飾ろうとしなくても、そのままでもいいんだなーとふと肩の力が抜けるような感覚です。

料理をするって、丁寧に作るって、とてもハードルが高く感じてしまいます。
着飾ろうとするばかりに、だんだんと料理をするってことがめんどくさくなってしまう。
でも、本当は料理ってもっと簡単で気軽なものなんだろうと、最近感じています。
特に<精進料理>、となると難しくて大変な印象がありますが、
感謝していただくこと、それだけでももうすでに精進料理とも言えるんだろうな。

平等寺での精進料理の会を通して、
私は阿南市で採れる野菜の豊富さやこの地域の季節の移ろい方を知れたし、
栄養や美味しさだけではなく、野菜の美しさや、水や光を浴びて育つ力を見て、
「すべては野菜のおかげ」という本来の意味を身をもって感じられました。

 

ほんとうに精進料理はたのしい!!

 

-地域おこし, 精進料理
-, , , , ,

Copyright© しわしわニョッキ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.