ていねいな暮らしがしたい・・・けど、どうやら向いていないかもしれない

 

丁寧な暮らしに憧れています。

東京で働いていた時は、四季どころか1日の時間の流れも分からなくなるくらい慌ただしい毎日を過ごしていて、別に特別なにか世の中を大きく動かすようなことをしていたわけでもないけれど、1分1秒が惜しかった。
家から最寄りの駅に着くまでの約10分が1日で唯一太陽を浴びる時間で、洗濯物を外に干すことはない。浴室乾燥機かコインランドリー。マンションの部屋には24時間換気がついているので窓を開けることはない。カーテンも大きく開くことはない。開いてもレースカーテンは絶対に外さない。マンションの部屋に陽の光が入ることはほとんどないので、常に電気を点けて過ごす。
人気のお店でコーヒーを飲んでみること、おしゃれな街を歩いてみること、流行りのお店に飲みにいくことで休日を過ごし、月曜日にはまた1分も待たずに乗れるように地下鉄のホームへ行き、急いで電車に乗って働きに行っていた。
そんな生活を送っていたけれど、好きな仕事をしていたし、仕事に集中していると家のこととか暮らしのこととかそんなにどうでもよかった。どうでもいいとかどうかということすら気にしていなかったかも。

ところが精進料理を習うようになって、野菜と四季について意識するようになった。もともと季節の花は好きだったり、景色が変わるのを観に旅行したりすることも好きだったけれど、野菜と旬のつながりのことなんてすっかり忘れていた。野菜には旬がある。それは本来その野菜は、自然の中でその時期の太陽の光や土の状態、雨の量で育つということである。季節によって太陽の光の強さは変わり、湿度は変わり、気温は変わる。そんな当たり前のことを私はまったくないものにするような生活を送っていたんだなと気づいた。野菜を見て、これはどんな光を浴びてきたのか、どんな水を吸ってきたのか考えるようになった。そう思うと、太陽を浴びて土が近くにあるような生活に興味を持つようになった。
精進料理ではこんなことも習う。
「私たちはいつも自然の恵みをいただいている。だから大切に丁寧に扱う。食材だけではなく、調理器具や調理をする場所、器、食事をする場所、すべてにおいてである。」
禅宗の教えは厳しくて有名だけど、本来私たちは自然の中で暮らしているということを思い出させられるようだった。
それから、丁寧な暮らしに憧れるようになった。丁寧な暮らしとはどんなものか調べるようになった。instagramでは世界中でたくさんの人が丁寧に暮らしている。朝日を浴びて庭の手入れをしたり、山にお花を摘みに行ったり、自分が育てた果物でジャムを作ったり、火を焚いて調理をしたり、たくさん採れた野菜を干したり、夕日を眺めながら家族団らんしたりして、季節の移ろいや1日の太陽の動きに合わせた暮らしをしている。

せっかく田舎にいるのだから、私も丁寧に暮らしたい。いや、丁寧に暮らす。
さて、どうしたらいいのか??

田舎に来たものの(田舎出身ですが)、いきなり畑仕事ができるわけでもなく(というか、実はトマトは育ててみたけど続かなかった・・・)果物なんてもってのほか、お祭りごともいまいち覚えられない・・・。仕事でばたばたする癖もついてしまっているのかそういう性分なのか、朝に庭をいじるような時間はなく・・・ていねいなくらし、向いてないのかな??(そもそも基本的にがさつ・・・)というか丁寧ってどんなんなんだろうと、ちょっと挫折も味わいながら、朝日と夕日を見て感動したり、土を踏むようになり履く靴を変えたり、山の花の名前を知ったり、思い切って洗濯物を外に干してみたり、すこしづつは憧れに近づいていると・・・思っている。
1番できているかな、と思えるのはご飯を食べることかもしれない。精進料理がすきだと何度も言っているけど、もともとはちゃちゃっと作れるものが好きで工程が多いレシピは避けがち。そんな私でもご飯を作る時、特にいただきものの野菜を使う時なんかは、大事に育てられた野菜を使ってると感じながら調理すると、とても丁寧なご飯を作っている気持ちにさせられるし、そのおいしさったらない。

考えてみたら、丁寧さが向いてない人でも田舎にいると丁寧な暮らしを味わえるのかもしれない。と、最近は開き直ってきた。とにかくちょっとずつ、いろんな人の真似しながら、自分にあった田舎暮らしをしよう。そうしよう。

私が徳島に来て、好きだなと思っているところのひとつを紹介。
前にも精進料理ランチ会をしてもらったあおとくる
ここは、勝浦町という徳島県でも山が高くて谷が深いようなところで、鮎釣りで有名な勝浦川沿いの道を上り、山に上がるために道を曲がったら、きれいな小川がある。そこはいろんな木が生い茂っていて、季節によって花が楽しめたり、新緑や紅葉も美しい。すこし細い山道を登って行くとあおとくるはあって、お庭から見える山の景色はとても癒される。古民家を改修したお宿なので建具はかわいいし、キッチンは土間になっている。精進料理の時はこの土間のキッチンを使わせてもらえるし、みかん農家のお2人が家庭菜園している野菜もいただけるので、本当に丁寧な暮らしを体験できるところと思っている。実は憧れの場所である。

そこで、また暮らしの中の精進料理ランチの会をさせてもらえることに。

前回はこんな様子

今回は精進料理の中でも歴史の古い胡麻を使ったおもてなし料理、胡麻豆腐を作ります!
ゆっくりじっくり胡麻を擦って、ただ胡麻だけで味を出す、シンプルなレシピになってます。
深呼吸するように、料理してみませんか??

応募はこちらから

なにより1番私がたのしみにしてます!