阿南市新野町のプロフィール

2018年7月1日

阿南市新野町


新野町は阿南市の南西部に位置し、桑野川上流域を含め四方を連山に囲まれた盆地のような地形で、面積の85%は山地となっています。

四国霊場22番札所「平等寺」の門前に位置する馬場地区が街の中心地で、桑野川に並行して東西に伸びる道路は東山トンネルで橘町に至り、西は川又・喜来地区から那賀群那賀町に至ります。

南北には桑野町から花坂峠を超えて廿枝地区を通り福井町を抜ける県道が走り、国道55号線に繋がってします。

農林地域で周囲の山地には、竹林が多くタケノコの特産地であり、タケノコの水煮や缶詰加工も行われています。

宮ノ久保地区にある轟神社には樹齢600年のクスの大木が群生しており、新野西小学校(休校)から川又地区に至る桑野川には県の天然記念物に指定されている淡水魚の「オヤニラミ」が生息しています。

○新野町の人口

3,597人(平成28年8月時点)
男 1,682人 女1,915人
世帯数 1,417世帯

新野町75歳以上人口 712人(平成27年9月末現在、19.33%)
新野町で最も人口が多かったのは、昭和22年で6,947人(戸数1,217)

新野町の主な公共施設
阿南市役所新野住民センター、新野公民館、新野隣保館、教育集会所(市民センター)
新野派出所(警察)、県立新野高等学校、新野小学校、新野東小学校、新野幼稚園
新野東幼稚園、新野保育所

○新野町の史跡・文化財など

①四国霊場第22番札所 平等寺
②月夜のサカ杉
③轟神社のくすのき群生
④オヤニラミの生息
⑤お釜の滝
⑥岡花のでこ人形

○新野町の主な特産品

米、たけのこ、ふき、いちご、すだち、しいたけ、竹炭、竹人形、農産物加工品

○交通機関

JR新野駅、阿南バス、タクシー

○金融機関

郵便局、JA阿南新野支店、銀行支店

○医療機関

医院、診療所、歯科

○各種団体など

新野財産区、新野町振興会、新野体育協会、新野防犯連絡協議会、新野喜楽連合会(老人会)
新野婦人会、新野地区民性・児童委員会、阿南市人権協議会新野支部、新野こどもを守る会
阿南市交通安全協会新野分会、阿南市消防団新野分団、新野商工振興会
新野サービス店会、新野ワイワイ塾、新野里山の会

>追記(2018/7/1)

人口 男1624 女1844 合計3468 世帯数 1396戸

Posted by 蔵本 准平