タニのいえ【 IN MY HOUSE 】

阿南駅から車で走ること約1時間半。

海陽町にあるタニのいえで写真展を観覧してきました。

「インスタ映え」するかどうかが写真を撮る基準になっている気さえする昨今ですが、

(だからこそ?)この展示のコンセプトはその尺度に逆行しています。

以下は企画の趣旨です。

 

なんとも興味深い。

 

ナガヤプロジェクトおとなり3で、この写真展のことを教えていただいたとき、

インスタ映えする景色ばかり追いかけている私は正直面食らいました。

どのような構成になっているのだろうとワクワクしながら観に行ったところ

タニのいえが放つ独特な「匂い」とあいまって絶妙に素敵な空間が広がっているではありませんか。展示スペース入口で最初に写真を見たとき、「果たしてこれは何年前の写真だろう?」と思ったのですが、他の写真も見ていくうちに、どうやら展示されている写真全部がつい最近撮影されたものであることがわかってきました。タニのいえ家主の宮本紫野さんにお話を伺ってみると、往年のインスタントカメラ「写ルンです」を使うと画質が粗いため懐かしい風合いの写真が撮れるのだということがわかりました。「写ルンです」ちょっと欲しいな。

 

ところで、芸術を鑑賞して自分の感性で作品を評価するのは難儀なものだと思います。

既に評価の定まった名作や誰が見ても技術が高度だとわかるようなものをついつい有難く思ってしまうものですよね。しかし、この企画の趣旨にも書いてあるように

オシャレじゃなくても愛すべき景色が、上手じゃなくてもテクニック以上に伝わる何かが

あるのです。展示を見ていくうちに幸せなくらしは案外こういう

 

インスタにあがらない日常 =「IN  MY HOUSE

 

にあるのかな、とふと思いました。そう思わせてくれるような展示の工夫がされています。

 

IN  MY HOUSE」の展示期間は残すところあとわずかです。

同時に観ることができる「祖父母展」も今ある生を大切にしたくなる大変すばらしい展示です。

みなさま是非お見逃しのないようタニのいえに足を運んでみてください♪

 

・タニのいえ: https://www.facebook.com/taninoie/

・ナガヤプロジェクト: http://nagayaproject.com/

・おとなり3: https://www.facebook.com/otonari3usernamesakinitorareta/