みんなが大好きな、あの、わーーーってなるやつ

約半年、新野町で生活してみて、思ったことがあります、、、、

お祭りが多い!!!

私が知らなかったか、覚えていないだけで、

子どもの頃からこんなにいっぱいあったのでしょうか。

秋のお祭りなんて、1週間毎日どこかしらの地域でやってた時もありました。

 

徳島のお祭りではよく「お餅投げ」が行われます。

昔はよく建前(上棟式)の時に、災いを払う神事で行われていました。

今はあんまりもう建前でお餅投げってないのかな。

そして徳島の人はお餅投げ大好き!!

お餅投げがあると聞くと、大人も子どももおじいちゃんおばあちゃんも

みんな集まってきます!!

私は、子どもの頃にお餅投げに行ったことはありましたが、

高いところからお餅を投げられるのってなかなかの恐怖で・・・

(実は、そんなに、好きではない・・・)

 

でも、新野町にこんなに人が集まるってすごい。

そんなにいいものなのか?!熱狂ポイントって??!

気になります。

 

先日、お餅つきのお手伝いができるチャンスが巡ってきました。

潜入捜査です。

お餅投げ用のお餅つきは、

ペッタンペッタン杵と臼でやっていたら間に合わないので、

なんかすごい本格的なところで。

給食センターで使っているような大きな機械を使って、

もち米を蒸して、ついて、丸めます。

地域の人たちと、今年は栗がよくなってるねとか

猿にあんまり柿をとられてないねとか話をしながら

お餅を丸めたり、冷ましたお餅を袋に詰めたりする係をしました。

ただ、こんなに、本格的な機械を使っていても、

なかなか終わりません。

私は聞いてみました。

「何升ぐらいのもち米でやってるんですか??」

「はっはっは。升やなんて。よんごくちかくよ」

・・・・え???!

「若い人は石(ごく)や言うてもわからんか、1000合ってことよ」

石っていう単位を普段から使っていないからよく分かっていないのか、

お米の量の感覚がいまいち分かっていないのか、

よく分かっていないけど、

とにかくなんか、石って聞くと、

強い将軍がいる藩を表すなんかに使われているあれだな、

って思って、なんだか分かってないけど、桁がすごい!!と驚き、

なぜだか、ここで改めて、神事っていう感じがしてきました・・・。

地域の皆さん40人近くで1日かけて、やっと出来上がりです。

氏神様のお祭りを町の人でこんなに集まって準備しているなんて知りませんでした。

新野町で、お祭りが多いのは、みんなが地元の神社を大切にしてるからなのかもしれません。

だんだんお餅を拾いに行くのが、楽しみになってきました。

約束の時間は17時、いっぱい拾った時のための袋も準備して、神社に向かいます。

 

終わってた・・・・・・。

盛大に行われたみたいで、あっという間にお餅投げは終わってしまったんだそう。

たくさんの人が集まっていました。

みんなで一生懸命作ったお餅。

拾ったみんなは嬉しそうに持ち帰っていて、よかったよかった。

ここおお祭りでは、お餅投げの後には、沖縄民謡。

沖縄から、このお祭りのためにゲストを呼んだんだそうです!

新野町に県外からアーティストが来て、歌が聴けるって、、、

やっぱり、新野町のお祭りってすごい!!

お餅投げの熱狂については引き続き調査が必要ですが・・・

まだまだ新野町では、お餅投げチャンスありそうです。

ただ、今回わかったことは、新野町のお祭りのお餅投げは、

新野町で採れたもち米で出来ているので、

めちゃくちゃ美味しい!!!